ベランダにも足場が!

2階のベランダにも足場が掛かり、ロフト部分の窓が取り付けられました。 防水紙もこれで全て張りあがり、当面の雨対策もOKです。 今日から、ベランダの軒裏の下地工事が始まりました。 天井や軒裏の工事は職人さんが上を向いたまま行わなければならないので、見ていても大変そうです。 午後からは、住設メーカーさんが見えて搬入日の確認と、これか…
コメント:0

続きを読むread more

サッシ取付開始

今日は寒かったですね。 現場ではサッシの取り付けが始まりましたので、寒風が吹き込む隙間がドンドン減ってきました。 木造の住宅用サッシ取付は大工さんの仕事になります。 鉄骨造だとサッシ屋さんが取り付けて行きます。 サッシが付くと、次はサッシの内側に額縁を付ける作業が始まります。
コメント:0

続きを読むread more

中間検査がありました

今日の天気は大荒れ!っというわりには雨は降りました穏やかで、気持ち悪いぐらい温かかったですね。 午前10時から建築確認申請の中間検査がありました。 検査員の方が筋交いの位置や部材の確認、緊結金物の位置や取付方法などを検査されました。 別段問題は無く、中間検査完了証を頂き工事は進んでゆきます。 朝にサッシの搬入予定でしたが、雨…
コメント:0

続きを読むread more

床の断熱材

1階床の断熱材を入れているところです。 土台に防腐防虫の為に竹搾液を塗りながら、床下地の間に断熱材を挟みこんで行きます。 今回は発砲スチロール形の断熱材です。 住宅で床が冷たいという相談を受けた場合は、この断熱材が入っていない場合が殆どです。 昔の住宅は和室が基本でしたので、畳が断熱材ということで殆ど床下に断熱材は入っていま…
コメント:0

続きを読むread more

竹搾液

写真は左のペットボトルが右のポリタンクから取り出した竹搾液です。 今回は土台や柱の1階部分に防虫剤として塗ります。 竹炭を作る過程でできる100%天然成分の琥珀色のきれいな液体ですが、昔から様々な用途で使われてきました。 ペットボトルのキャップ2杯ほどを浴槽に入れれば保湿効果満点の入浴剤に! 1000倍程度に薄めて化粧水の代わり…
コメント:0

続きを読むread more

屋根を触ってみました

今日は3時ごろからお施主様と打合せをし、建具や床の色等、そろそろ決めて頂きたい事項を打ち合わせました。 その後、現場へ行き進行具合をチェックです。 子供たちは怖いもの知らずで、親の心配をよそに足場をスタスタと登ってゆき、防水が終わったばかりのベランダで走り回っていました。 1階の床下探検やおが屑の掃除など、現場は子供にとっては…
コメント:0

続きを読むread more

FRP防水

FRP防水の様子です。 まず、下地全体に接着剤を塗り、FRPシートを張っていきます。(床に見えている白いシート) その上から、さらにエポキシ系の接着剤を塗っていくと、白いシートが透明になり乾けば完成です。 細かい部分や、コーナー部分は2重にシートを貼って防水します。 半日で乾いてしまいますので、明日には歩けるようになります。 …
コメント:0

続きを読むread more

断熱材取付開始!

外壁部分に断熱材の取り付けが始まりました。 今回の外壁は、断熱材が組み込まれたタイプの物ですが、それだけでは足りないので内側にもう一枚断熱材を入れます。 昔は土壁が役割を果たしていましたが、今は断熱材にも様々な種類があり、今回はグラスウールを使用しています。 今日は中間検査の申込み書類を提出してきました。 検査員の連絡待ちで…
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと遠くから

今日は、現場監理の帰りに違う道を通ったら、ぽっかり空いている場所から棟梁が頑張っている姿が見えたので、写真を撮ってみました。 棟梁がベランダの排水溝を作成する傍らで水道屋さんが温水配管に断熱材を巻いていました。 温水管は銅管なので、接続(継ぎ手)にはハンダを使用します。 接続部分の確認が終わってから銅は熱が逃げやすいので断熱材…
コメント:0

続きを読むread more

ベランダらしくなってきた!?

手摺に仮の頭つなぎが付いて、床下地が張りあがりベランダらしくなってきました。 ベランダ床は、下地のコンパネ+センチュリーボード(防火仕様)+コンパネ(防水下地)と3重になっています。 手摺の根元部分は、排水溝になっていますので、メイン床が終わってから段差が付いて排水溝用の下地組になります。 北、西側は防水紙も張り終わり、ベランダの…
コメント:0

続きを読むread more

耐震金物いろいろ

耐震金物の取り付けがほぼ終了し、ちょうど残りがまとめてあったので写真をとってみました。 耐震が話題になるまでは、中央の棒状の羽子板ボルトとカスガイが主流で、他の金物はここ5年ぐらいに開発されたものです。 このほかにホールダウン金物や筋交い用箱型金物があります。 今日も温かかったですね、棟梁はジャンパーを脱いで軽装で軽快に仕事を…
コメント:0

続きを読むread more

床下地

構造用合板による床下地です。 フローリング部分はほぼ終了し、段差のある和室の畳を敷く部分を今朝工事中でした。 昨日からお手伝いの大工さんが入って棟梁と2人体制で工事が進んでいます。 夕方に現場に行くと、薄暗い中棟梁がベランダの床下地が組みの最終調整を行っていました。 先週頭は同じ時間には電気をつけていたのに、今日はまだ明るい!冬…
コメント:0

続きを読むread more

耐震金物(HD)

昨日から取り付けの始まったホールダウン金物(HD)です。 柱に取り付ける金物のビスの数で強度が変わります。 取り付けビスも耐震金物用は+-では無く、六角ボルトに似た形ですが四角形の形をしています。 販売当初は現場に金物が届くと、大工さんはこんな方のドライバーはどこで売っているのかと大騒ぎでしたが、ようやく慣れてきた感じです。 ビ…
コメント:0

続きを読むread more

材料搬入

今朝は雪の予報でしたが、快晴で久しぶりに氷が張っていました。 朝から木材の下地材が搬入されました。 根太、胴縁、ベニヤなど壁と床に使う下地材が主な搬入材です。 筋交いや柱と土台、柱と梁の金物とは別に、ホールダウンアンカーの場所と荷重確認があり、2階と1階を繋ぐ柱の補強金物の検討を行い、設置が始まりました。 1階床の大引きにも…
コメント:0

続きを読むread more

ガス配管

ガス配管の分岐点です。 場所は1階のトイレの下辺りですが、ここから各取り出し口へ伸びてゆきます。 現状は配管が終了して、後は壁を貼り終ってからガスコックを取り付けるだけの状態です。 配管方法としては、写真の分岐点までは鉄管(最近は錆びないように管内に特殊加工がしてあります)で、そこから先はジャバラ管に塩ビを撒きつけたようなフレキ管…
コメント:0

続きを読むread more

設備工事開始

今日は暖かかったですね。 現場に行くと、ガス屋さんが昔ながらの機械でメイン配管のネジきりをしていました。 棟梁、ガス屋さん、サッシ屋さんと打合せがありました。 ガスはファンヒーターが普及してきたので、ガスコックに2口コンセントがセットになったものが標準品でできたそうです。 サッシ屋さんとは防犯ガラスの見積もりと、和室の障…
コメント:0

続きを読むread more

設備工事も始まります

今日は、お昼過ぎから棟梁が筋交い金物の残りや1階の床組みの下処理を行いました。 明日から、まずガス工事から設備工事がはじまります。 先週、お施主様と打合せをしたガス栓取り付け場所や、給湯機種類等、現場でガス屋さんと10時から打合せの予定です。 住設機器は承認図を確認しながら、現場でのガス取り出し口位置確認や梁や柱が邪魔にならな…
コメント:0

続きを読むread more

屋根工事完了

屋根工事が完了しました。 地上からは殆ど見えませんが、足場をあがって行くと眩しく輝く屋根が一面に現れます。 今回はガルバニウム鋼板の生地材による瓦棒葺きですが、一昔前は棟から軒先に向かっている棒(瓦棒)を大きなペンチのような機械でかしめていく光景が一般的でしたが、最近の工法はワンタッチ式で、パチン、パチンと瓦棒のカバーを取り付けて終…
コメント:0

続きを読むread more

屋根工事2日目

昨夜の雨もあがり、引き続き屋根板金工事です。 ベランダ庇部分の仕上げと大屋根の棟部分の工事が午前中行われました。 足場の一番上に立つと近隣の建物の隙間にルーセントタワーや名駅のツインタワーが見えます。 ロフトの窓から見えると良いのですが、正面の家の屋根がちょっと邪魔かな? 来週からは他の大工さんの手伝いから棟梁が帰ってきます。 …
コメント:0

続きを読むread more

屋根工事

今日から屋根工事開始です。 職人さんは命綱なしでひょいひょいとい屋根を歩いてゆきますが、専用の足袋でないと滑って怖くて歩けませんでした。 ちょうど鉄板を葺き終わったところで雨がポツポツと...ナイスタイミング! 明日は晴れれば仕上げが行われます。
コメント:0

続きを読むread more